水泳ダイエット成功の鍵は水着?泳ぎの習得には水着選びが不可欠!

水着の女性の後ろ姿

水泳でダイエットをするために必要なことは、「泳ぐ」こと。

泳ぐためには、目的に合った水着を選ぶことが大事。

できれば着やすくて肌の露出が少ない水着がうれしいですよね。

水泳ダイエットにおすすめの水着やインナー、お手入れ方法をご紹介します。

水泳ダイエットのおすすめ水着は「競泳用ハーフスパッツ」

トレーニングウェア

水泳でダイエットをするためには、まず泳ぎを習得することから始めます。

泳ぎを覚える上で、水着の選び方はとても重要です。

正しく選ばないと、水着の中に空気が溜まったり上着がめくれたりして、泳ぎに集中できません。

水着は競泳用を選びましょう。

競泳用ハーフスパッツ水着は泳ぎやすいので、水泳ダイエットに最適

競泳水着の中でも、ハーフスパッツが圧倒的に泳ぎやすくておすすめです。

しかも肌の露出を抑えられるので、人前での水着が恥ずかしい方も安心できますね。

スパッツの丈は、膝上がベストだと思います。

泳ぐときにキックを打ちやすく、水着を着たり脱いだりするのも楽だからです。

ハーフスパッツといっても、セパレートで上下が分かれているフィットネス水着はおすすめしません。

フィットネス水着は水中ウォーキングやアクアビクスまでならOKですが、泳ぎやすくはありません。

「泳ぎを覚えてみたいな」と少しでも興味を持った方は、競泳水着でレッスンを受けましょう。

水泳は初心者のときに習うストリームライン(伏し浮き)が正しくできるかが今後に響きます。

中級者になってから悩む原因のひとつですので、水着も上達を想定して選んでください。

競泳用ハーフスパッツ水着なら平泳ぎも安心!水泳ダイエットに集中できる

クロールや背泳ぎができるようになってきたら、次は平泳ぎの習得です。

平泳ぎでは両足を広げてキックをするので、肌の露出は控えておきたいですね。

ハーフスパッツなら水着の端のずり上がりを気にすることなく、泳ぎに集中することができます。

レッスンでは正しいキックができているか、コーチが水中に潜って動きを確認する場合があります。

しっかりと指導を受けるためにも、安心できる競泳水着を選びましょう。

長持ちさせたい!水泳ダイエットの競泳水着はトレーニングタイプを選ぶ

トレーニング

水泳でダイエットするための大切な水着ですから、できるだけ長持ちさせたいですよね。

プールの塩素や着脱時の伸縮も考えて、競泳水着は厚手の生地のトレーニングタイプを選びましょう。

繰り返し使っていると、水着の生地が薄くなっていきます。

最初から厚手の生地を選べば、水着を長く着られる効果が期待できます。

アリーナ(arena)のトレーニング水着は着やすくておすすめ

私が長年愛用しているのは、アリーナのトレーニング水着です。

特に「着やストラップ」が採用されている水着を好んで着ています。

肩紐が大きく開くので「着やすい」「脱ぎやすい」「動きやすい」の三拍子そろった優れもの。

一度使ったら、もう手放せません。

アリーナのサイズ感については洋服と同じでOKですが、店舗で試着をしてみましょう。

サイズに幅がある方は、小さいサイズ寄りを選ぶのがおすすめです。

試着時に若干きつめと感じるくらいでよいと思います。

水着は濡れると伸びますし、繰り返し使っていると生地の劣化により少し伸びてくるからです。

トレーニング水着のインナーには水着用ブラトップが正解

答えにたどり着く

長年の経験から導き出された結論は、「競泳水着の下に水着用ブラトップを着ける」でした。

競泳水着には胸パッド(スイムカップ)が付いていません。

そのため、競泳水着にはスイムカップを吊り下げるフック受けが付いているものがあります。

ただ、吊り下げるタイプは水着を着るときや泳いでいるときにフックが外れやすいのです。

吊り下げる紐を水着に直接縫い付けると、水着の買い替え時に面倒でした。

ニップレスもありますが、肌に負担もかかるうえに使い捨てでコストもかかります。

試行錯誤を重ねた末、ブラトップを着てその上に水着を着るのがベストという結論に至りました。

現在はアリーナの水着用ブラトップを使っています。

これなら水着の買い替え時にも問題ナシ。

水着の着脱が早くできて、泳いでもズレないのが最大の魅力です。

水洗いでOK!水泳ダイエットに欠かせない競泳水着のお手入れ

水洗い

水泳ダイエットに必須の競泳水着のお手入れは、基本的に水で手洗いするだけ。

着用後の水着はできるだけ早く水洗いしましょう。

水洗い後は軽く水気を取り、スポーツクラブに備え付けの脱水機を使う場合は短時間にします。

自宅の脱衣所などの日光の当たらない所で干しておくと、1日くらいで乾きます。

競泳水着のニオイが気になるときは衣類用の中性洗剤で手洗い

「プールから帰ってきた後に水着を干すのを忘れてしまった!」というのは、よくあること。

もしもニオイが気になるなら、衣類用の中性洗剤で優しく手洗いしましょう。

すすいだ後に洗濯機の脱水機能を使うなら短時間にして、陰干し。

乾燥機は使わないようにしてください。

まとめ

水泳でダイエットするなら、泳ぎやすくて肌の露出も少ない競泳用ハーフスパッツ水着がイチオシです。

着やすくて耐久性のあるアリーナ(arena)のトレーニング水着は、長持ち効果が期待できます。

試着時には若干きつめでも問題なく、インナーには水着用ブラトップがおすすめ。

競泳水着のお手入れの基本は水洗いで、ニオイが気になるときは衣類用中性洗剤を使ってください。

動きやすくて着やすく安心できる競泳水着を選ぶことが水泳ダイエット成功の第一歩。

魅惑のマーメイドラインを目指して、がんばっていきましょう!